NEWS

 
2017.08.19
2017.10.04 新譜発売決定!!

2017.08.19
10月スケジュール更新しました
 
 



 

NEWS


2017.05.17
6月スケジュール更新しました
 
2017.04.19
ホームページリニューアルしました。


TITLE [COVERHEADⅡ]

2017.10.04発売 1,296円(税込)  CHR-005

01.Rusty Rake  (SNFU Cover)
02.The Loco-Motion ( Little Eva Cover)
03.You Can Get It If You Really Want (Desmond Dekker  Cover)
04.Touch Me I'm Sick  (Mudhoney Cover)
05.Psycho Killer  (Talking Heads Cover)

 
 
練習して手に入れるのがテクニック。遊び心から自然に生まれるものがセンス。一際そのセンスが問われるのがカバーの楽曲センス。
コークヘッドのカバーは一味も二味も違う。こんな抜け道(表現)があったのか?と面白がってほしい。
ハードコア(しかもカナダ!!)から抜粋したSNFUの「Rusty Rake」をヘビーグルーヴな縦ノリに仕上げ、クラッシックな「The Loco-Motion」をポップなメタルにアレンジ。
レゲエ映画の代表作「The Harder They Come」のサントラでも聴ける有名なDESMOND DEKKER原曲の「You Can Get It If You Really Want 」はスカビートに合わせたアッパーなサウンドに変身。
ニルヴァーナに隠れた元祖グランジアイドルMudhoneyの「Touch Me I'm Sick」は、よりダーティーにファストに食い散らかし、ポストパンクが生んだニューウェーブ,Talking Headsの「Psycho Killer」はホラーなパンクロックにリメイクしてしまった。
様々なジャンルを取り入れ、ハードにポップにシリアスにカラッとしたコークヘッドの表現にウソはない。
この楽曲をキッカケに原曲とリンクするのもヨシ、音楽好きと評価するのもヨシ。コークヘッドとの付き合い方は貴方のセンス次第。